トイレつまり事例-07|埼玉のトイレつまり修理なら、ひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス

練馬区のトイレつまり(排水管の破損)事例

お客様よりトイレがつまり他社で便器交換したけど全然直っていないという依頼です。現地調査の結果、排水管の一部が土管で割れていたことと、排水管に植栽の根が入っていたことが原因でした。
矢印
  • 1
  • 修理前
  • 修理前です。マスキングテープを貼った所に便器を設置出来る様に排水管の修繕工事のみを行います。
  • 2
  • 土管
  • 土管が割れています。
  • 3
  • 根
  • 根もかなり入っていました。
  • 4
  • 床
  • 床を開口して排水管を布設していきます。この時、養生テープを貼ってある所が既設の排水芯です。このままだと便器を取り付けた時にトイレ空間が左右対称にならず、便器に座った時に右寄りになってしまうので排水芯をずらしてトイレ空間が左右対称となる様に配慮します。
  • 5
  • 排水芯
  • こちらの画像でお解りでしょうか?排水管の立ち上がりがトイレの中央になる様に配管しています。
  • 6
  • 撤去中
  • 破損している土管を撤去中です。
  • 7
  • マス
  • 新しい汚水桝を既設の配管と接続していきます。
  • 8
  • 配管
  • トイレと既設の配管が繋がりました。
  • 9
  • 作業後
  • 土を戻し、汚水桝に蓋をして作業終了です。ここまでご覧いただいた様にトイレがつまるのには何らかの原因が有ります。不用意に便器交換などしても解決しませんのでくれぐれもご注意ください。
お客様の声 練馬区の実家のトイレがつまり母から何とかして欲しいと言われ、正直私自身もつまりの原因は古い便器のせいだと思っていたので、インターネットでとにかく安く便器の交換をしてもらえる業者さんを探しました。
一応状況を伝えてつまりの原因を調べてもらいましたが、そこでは便器を新しくすれば問題ないということでした。
工事が完了して請求された通りにお金を支払いましたが、その後すぐに母から再び連絡がきてつまりが全然解消されていないということでした。
これは便器以外に問題があると思い、今度は信頼して修理をお願いできる業者を探してひまわり水道サービスさんに連絡をいれました。
便器を交換してもらった業者さんに文句を言おうと思いましたが、もともと便器が古かったし確かに安く交換できたのでそれで納得することにして、結果的にはきちんとした水道工事業者さんに依頼できて良かったです。
トイレのつまりの原因は何と排水管の土管が割れていて、その中に植栽の根が入っていたことが分かり、実際にその光景を見て母も驚いていました。
トイレの床を剥がしてかなり大掛かりなことになりましたが、しっかりつまりも解消されて母も喜んでいました。
ひまわり水道サービス

PageTop