トイレつまり事例-04|埼玉のトイレつまり修理なら、ひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス

世田谷区のトイレつまり(トーラー)事例

トイレつまりでは大別して便器の中でつまっている場合と排水管でつまっている場合とがあります。こちらの現場では便器は異常ありませんでしたので排水管内でのつまりを疑います。
矢印
  • 1
  • 便器取り外し
  • 便器を取り外しました。
  • 2
  • ベント管
  • こちらの継手(ベント管)も取り外します。
  • 3
  • 排水管
  • 鋳鉄製の排水管で内面が酷く錆びています。
  • 4
  • トーラー
  • こちらが「トーラー」です。排水管内に滞留したものを除去していきます。
  • 5
  • 作業後
  • 便器を元通りに取り付け作業終了です。今回の現場の様に集合住宅の排水管は住戸部(専有部)と共用部とに分かれ、共用部の維持管理は管理組合様で対応することが一般的となっています。実際に、作業の翌日に管理組合様から連絡いただき修理代金を負担してくれることとなりました。集合住宅にお住まいの方は管理規約を把握して「もしもの時の連絡先」を控えておくと良いとおもいます。
お客様の声 私が住んでいるアパートには共用トイレが設置されていますが、その1つでつまりが起きてひまわり水道サービスさんのお世話になりました。
日曜日でなかなかすぐに対応してくれる業者が都内で見つからないで困っていると、お隣さんが騒ぎに気づいて部屋から出て来て、地元の業者さんで年中無休で営業している水道工事業者を知っているから聞いてみると電話をかけてくれました。
世田谷だったので多少時間はかかるとのことでしたが、1時間ほどで駆けつけてくれました。
便器の中でつまりが起きている場合でトイレットペーパーなどがつまっている場合はすぐにつまりを解消できるそうですが、どうやら排水管の中でのつまりのようで、結局便器を取り外すことになりました。
現場に立ち合い排水管の中を確認しましたが、建物も古いこともあると思いますがそれ自体がかなり錆びついていて、トーラーという機械を使用してつまりを解消してくれました。
管理会社に連絡が付かなかったので修理代の支払いをどうするか困っていると、スタッフさんが気を利かせてくれて後日でもいいということで全てにおいて完璧な対応をして頂き、この度は本当にありがとうございました。
ひまわり水道サービス

PageTop