トイレつまり事例-03|埼玉のトイレつまり修理なら、ひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス

戸田市のトイレつまり(小便器)事例

オフィスビルや店舗、病院などには「小便器」が設置されています。かなりの利用頻度が予想されますので洋式トイレだけでは混雑してしまいますので「小便器」があると重宝します。
矢印
  • 1
  • 修理前
  • 修理前の様子です。センサー式のフラッシュバルブに養生テープを貼って一時的にセンサーの作動を停止しておきます。
  • 2
  • 薬剤
  • 目皿を取って清掃し、小便器のトラップに尿石除去剤を投入します。
  • 3
  • 洗浄中
  • 薬剤洗浄中です。30程度放置して薬剤が浸透するのを待ちます。
  • 4
  • 洗浄後
  • 洗浄後です。
  • 5
  • 作業後
  • 目皿を戻して作業終了です。
お客様の声 数年前からオフィスビルを中心に清掃会社の代行サービスをはじめました。
実は以前勤めていた会社からリストラを言い渡されて、50歳を目前にして再就職先も見つからないで困っている時に、独立開業して頑張れば月100万円も夢ではないということで開業してハイペースで仕事をこなして頑張っています。
通常は社員さんが全員帰った夜に仕事を開始するのでビル内には誰もいないのですが、今回は残業で残っていた社員さんから3階の男子トイレの小便器がつまっていると報告を受けました。
様子を見てみましたがさすがに私の仕事の範囲外だったので、夜でも対応してもらえるひまわり水道サービスさんのお世話になりました。
状況と場所を伝えて清掃作業を続けていると、教えた携帯電話に到着したと連絡がきて、あまりの早さに驚きましたが、それ以上に薬剤を使用していとも簡単にトイレのつまりを解消してくれたのにさすがはプロと感心しました。
最初は立ち会っていましたが薬剤が浸透するのに少し時間がかかるということで、お言葉に甘えてその間は自分の仕事をして、戻ってくると何事もなかったように普通にトイレが使えるようになっていました。
ひまわり水道サービス

PageTop