トイレの水漏れ・つまりは、ひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス
ひまわり水道サービス

トイレのつまり

トイレのつまり

トイレでこんな症状がでてお困りの方は、是非お問合せください!

  • 水が出ない、止まらない
  • トイレがつまって流れない
  • 悪臭がする

水道工事の料金表

料金 = 作業費 + 材料費
サービス内容 作業費+材料費
パッキン交換 1,100円(税込)〜
フロートバルブ交換 4,400円(税込)〜
ボールタップ交換 12,100円(税込)〜
サイフォン管交換 13,200円(税込)〜
手洗い管交換 7,700円(税込)〜
洗浄レバー交換 7,700円(税込)〜
給水管交換 5,500円(税込)〜
止水栓交換 7,700円(税込)〜
薬品洗浄 つまり除去 3,300円(税込)〜
ローポンプ使用 つまり除去 7,700円(税込)〜
トーラー機使用 つまり除去 22,000円(税込)〜
高圧洗浄機使用 つまり除去 27,500円(税込)〜
便器脱着 つまり除去 18,700円(税込)〜
排水管内カメラ調査 27,500円(税込)〜
※上記価格は「税込」料金となっております。
※現場状況により価格が異なる場合もありますのでご了承ください。
※必ず作業前にお見積りいたします。

トイレのつまりを防ぐために普段から意識するポイントとは?

トイレがつまりにより流れない時、慌てて何度もレバーを引き、汚水を溢れさせてしまった経験を持つ人は少なくないと思います。
トイレのトラブルは大変なストレスがかかるため、普段の使用から意識して予防するポイントをご紹介します。
(つまりを予防するための注意点)

■水に溶けやすい適量のトイレットペーパーのみを使用する

・大量の紙を流さない。紙の密度が高くなると溶けにくくなり、つまりの原因になります。
・溶けにくい粗悪な紙やティッシュ、生理用品、おむつも流さない。
・「水に流せる」と記載のお掃除シートを直接流さない。量や頻度により詰まる可能性があるため避けるのが無難です。

■大・小のレバーを使い分ける

節水のために毎回小レバーで流したり、タンクに自分で水を入れるのはつまりの原因に繋がります。
トイレの水量は流しきれる適量に設計されているため、水量が足りない場合は排水管内に残留物が残ります。そこに汚物が蓄積されるようになり固着する悪循環となります。ご自身で節水をしないようご注意ください。

■トイレ内に小物類を置かない

トイレのインテリアに雑貨類を飾ったりぶら下げると素敵な空間になりますが、便器内に誤って落ちるとつまりの原因や便器の破損を引き起こすこともあります。
トイレ内は最小限の物だけを置くのが安全です。

以上のように意識をすることがつまり防止になりますので、参考にしてみてください。

トイレつまりの施工事例

ひまわり水道サービス

PageTop