埼玉のトイレつまり

ひまわり水道サービス
ひまわり水道サービス

埼玉のトイレつまり

埼玉でトイレの水漏れやつまりといったトラブルに対処してきた豊富な実績があるのが当社の特徴です。生活に欠かせない存在であるトイレの問題をすぐに解決することができます。その日のうちにトイレをまともに使える状態に戻すことができるため、生活に影響が出ることはないでしょう。連絡をいただければ、状況を聞き出して、スタッフが迅速に自宅のほうまで伺います。そして、トイレの状態を調査して、問題を認識し、適切な対処をすることでトラブルを解決することが可能です。たとえば、トイレの水漏れを解決することができます。

トイレ 水漏れ つまり 埼玉

便器からチョロチョロと水が出ている、床が水浸しになっている、パイプから水漏れしているといった問題に対応することが可能です。また、トイレがつまってしまい流れないという状況にも対応できます。トイレから悪臭がするといったトラブルも解決することができます。トイレにはさまざまなトラブルが起きる可能性があります。それぞれのトラブルごとに原因は大きく異なっているのが特徴です。どうしてトラブルが起きたのか原因を調べて、正しい対処をすることが重要となります。トイレをはじめとした水回りのトラブルについて、高い技術力を誇っていて、迅速に問題を解決できるのが私たちひまわり水道サービスです。

01トイレのつまりの原因とは

トイレのつまりが発生するのには、いくつかの原因が考えられます。
その中で最も多いのがトイレットペーパーによるつまりです。トイレットペーパーは水に流しても溶けるから大丈夫と思い、ついついたくさん流してしまう人も多いようですが、水に溶けるまでにはある程度の時間が必要です。
一回に流しても良いトイレットペーパーの目安は約5メートルとされているので、そのことを頭に入れておきましょう。ちなみに、外国製のトイレットペーパーは溶けにくい性質をもっているものが多いため、注意が必要です。
自分の排出物がトイレつまりの原因になることもあります。普段はつまらなくても、排出物が大き過ぎたり硬かったりするとつまることがあります。
排出物だけではつまらない場合でも、トイレットペーパーをプラスしたことによりつまって水が流れなくなることもあります。
小さなお子さんがいるご家庭では、おもちゃや洗濯バサミなどの異物をトイレに流してつまりが発生することがあります。
トイレの排水の水圧不足により、排出物などが最後まで流れていかないこともありますので、その場合は大の方のレバーを使用してみて、それでもダメな場合は専門業者に連絡して改善してもらいましょう。

02初めてトイレから水漏れが起きたときの対処法を解説

初めてトイレから水漏れが起きたときには、パニックになってしまう方も多いですが、まずは冷静になって原因を追究することからはじめてください。
水が漏れ続けている場合はすぐに止水栓を閉めて水道屋などの専門業者を呼ぶのがベストですが、トイレの水漏れは程度や原因にもよりますが素人でも自力で修理できるケースもあります。
トイレで水漏れが最もしやすいのはトイレタンクなので、見た目で原因が分からないときはそこから疑うことをおすすめします。ポタポタ音がする、トイレタンクにつながる菅が濡れている、水がずっと流れているなどの症状がある場合も、トイレタンクが怪しいです。トイレタンクの中にはトイレの水を流すためにさまざまな部品が入っていて、その一つでも不具合を起こせば水漏れが起きたり、正常に作動しなくなったりします。

初めてトイレから水漏れが起きたときの対処法を解説

トイレタンクの蓋を開けると浮き玉が目に入りますが、それと一体になっている部品にボールタップがあります。この2つが水漏れや水が流れ続ける原因になっているケースが多く、その場合は部品の調整や交換で修理が可能となっています。
初めて見るものなので不具合に気づかなくて当然ですが、違和感を覚えた場合はそこに原因がある可能性が高いです。
また、トイレの中にはトイレタンクから出ている配管などがありますが、つなぎ目のナットが緩んで水漏れが起きていることもあるので、緩みがないか確認して、そこを締め付けるだけで水漏れが解消することもあります。

03トイレつまりの兆候に関する3つのお悩みとチェックポイント

1.便機内の水が少なくてニオイもする
便機内の水は常に一定に保たれている状態が正常なので、水がいつもよりも少なくニオイも発生している場合はつまりが起きる兆候です。
バケツなどでトイレに水を流して、水位が保たれない場合は、専門業者を呼んで対応してもらうことをおすすめします。

2.水の流れが弱い
トイレの水の流れが弱かったり、流したものが戻ってきたりするような場合は、トイレつまりの兆候です。
この場合はトイレタンクの中の水の量が十分にあるかどうかを確認して、水が少ない場合は一度に流す水の量が少ないため水流が弱くなっていることが考えられます。
タンクの中の水の量が十分である場合は、トイレ内部で異物がつまっている可能性が高いです。

3.トイレからゴボゴボという音がする
トイレを流すたびにゴボゴボという音がしたら、つまりの兆候である可能性が高いです。
この音は、排水管の中の空気に圧力がかかることで発生していて、排水管の中に異物があることが予想されます。
はじめからゴボゴボ音がしている場合はいいとしても、急に音がし出したら早めに専門業者に連絡することをおすすめします。

04洋式トイレの便座の種類を紹介

トイレ 水漏れ つまり 埼玉

トイレには大きく分けると和式トイレと洋式トイレがあって、和式トイレを選択する方はほぼ見なくなりました。その大きな理由は便器をまたいでしゃがむ姿勢を余儀なくされ、足腰に大きな負担がかかるデメリットがあるからです。
洋式トイレにもいろいろな種類があって、洋式トイレの便座の種類を紹介します。
まずは一般的な「普通便座」ですが、以下に紹介する暖房や温水洗浄などの特別な機能を備えていない便座を指します。
機能がないことはデメリットですが、その分電気代などもかからず、メカニック的な故障の心配が要らない点はメリットです。
「暖房便座」は、その字の通りに便器を温める機能が備わっているもので、座る部分を温かくできることから、冬場には重宝されます。
便座の温度の調整もできて、夏場はスイッチをオフにすることも可能です。
「温水洗浄便座」は、お尻を水で洗浄する機能が備わっている便座で、大きく分けると貯湯式と瞬間式の2種類が用意されています。
洗浄機能を使用する際に必要なお湯を溜めるタンクを備えているタイプが貯湯式で、瞬間式は、お湯を溜めるためのタンクはないタイプです。

05埼玉・東京・千葉で各種水道工事を提供

埼玉県、東京都、千葉県などでトイレの水漏れやつまりの他にも、各種水道工事を提供しています。
埼玉には有名な観光地もなければこれといった魅力もないと言われることも多いようですが、埼玉には絶景スポートがたくさん存在しています。
たとえば秩父の羊山公園にある芝桜は、11種40万株もの白色やピンク色など色鮮やかな芝桜が咲き誇り、一度この光景を見れば誰でもその美しさに言葉を失うことでしょう。
また、埼玉にはどんどん新しい観光スポットも誕生していて、その一つが埼玉県飯能市にある「メッツア(Metsa)」です。ここに来れば、本当のムーミン村に迷いこんだ気分が味わえるようになっています。
埼玉には、夏の風物詩である花火を楽しむことができるスポットもたくさんあります。特に迫力満点の花火を満喫できる「こうのす花火大会」や、都心からもアクセスしやすい「大和田公園花火大会」などが有名です。
都心で開催される花火大会は多くの人で混雑しますが、埼玉県の花火大会はそれに比べて人が少ないことから、家族やカップルでのんびりと夏の花火を楽しむことができます。
東京からアクセスもしやすい埼玉には、この他にもまだまだ楽しめる観光スポットが満載です。

06トイレのつまりを修理するのにかかる費用はどのくらいかかる?

トイレが急につまりを起こして、水が流せなくなるような経験をしたことがある方も少なくないと思います。
自宅に一つしかトイレがなくてそのようなことになればパニックになってしまいますが、そんなときでも水道業者などのプロに依頼すれば、なんなく問題を解決してもらうことができます。
ただし、その際には必ず修理費用が発生することになるため、その金額が気になる方も多いのではないでしょうか?

トイレのつまりを修理するのにかかる費用はどのくらいかかる?

トイレのつまりを修理するのに掛かる費用は、依頼する業者やつまりの原因によって異なりますが、便器の脱着などの大掛かりな工事を伴い場合の費用相場は8,000円から20,000円程度となっています。
費用相場を聞いて、それならスッポンなどのトイレのつまりを解消できる道具を用意しておいた方が良いと考える方もいると思いますが、スッポンなどの特定の道具ではつまりが解消できないことも少なくありません。
トイレのつまりにはさまざまな原因があって、トイレットペーパーなどをたくさん流してしまったときなどは容易につまりを解消できますが、子どもがおもちゃなどを間違って便器の中に落としたような場合は、便器を取り外すしか修理の手段がないケースもあり、その場合は自分で修理するのは難しく、プロに依頼した場合の費用も3万円〜5万円程度はみておいた方が良いでしょう。

07トイレがつまったときに注意すべき3つのポイントとは

01トイレがつまった原因を確認しよう

トイレがつまった場合は、焦らないでまずは原因を確認することからはじめましょう。
トイレがつまるプロセスには主に2つのケースがあって、一つは少しずつつまりが進んでいくもので、もう一つはいきなり流れなくものです。
後者の場合は固形物を便器の中に落とした可能性があり、小さなお子さんがいる場合にはこれがトイレつまりの原因になるケースが多いです。

02業者を呼ぶかどうかの判断をしよう

トイレがつまった原因がトイレットペーパーなどの水溶性の紙類を多く流したという場合は、自分で対処できる可能性があります。
ラバーカップを常備しているなら、つまりをすぐに解消できるケースも多いです。ラバーカップはホームセンターやスーパーでも販売されています。
原因が分からない場合ですぐに何とかしたい場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。

03お湯を流し込むのも有効

トイレのつまりを自分で直す方法に水を流し込むものがありますが、トイレットペーパーなどの水で溶けるものがつまっているなら水よりもお湯の方が溶けやすく、トイレつまりを解消できる確率がアップします。
ただし、陶器で造られている便器は熱湯を使用すると破損の恐れがあるため、お湯の温度には十分に注意してください。

08トイレがつまったときに依頼すべき業者の選び方とは

トイレが急につまった場合は、頭がパニックになって間違った行動をとって事態を悪化させてしまうケースも少なくないようですが、トイレのトラブルが起きて自分で対処できない場合は、まずは冷静になって止水栓を止めることからはじめましょう。そのうえで、落ち着いて業者を探すことをおすすめします。
トイレのつまり修理してくれる業者の中には、消費者の弱みに付け込んで高い修理費用を徴収するような業者や、本当の悪徳業者もこの業界にはいるので、間違ってもそのような業者に依頼することは避けなくてはいけません。
悪徳業者に騙されないようにするには、住んでいるエリアの水道局指定工事店の中から依頼する業者を選択しましょう。水道局指定工事店とは各地域の水道局が水道工事をしていいと認定した業者なので、修理費用はともかく悪徳業者である可能性はなくなります。
悪徳業者を除外できれば、あとは修理費用を確認すれば良く、インターネットなどを利用して良さそうな業者を探して、複数の業者から相見積りをとってみましょう。おおよその金額は電話でも確かめることができるので、状況を詳しく説明して金額を確認してください。このときに各業者の対応も確認して、最も信頼できそうなところに依頼しましょう。

09トイレつまりは発生した際の対処法に関する相談事例

トイレつまりが発生した際の対処法に関する相談事例

自宅に複数のトイレがあるなら、トイレがつまっても焦る必要はありませんが、1つしかないなら、すぐにつまりを解消したいと思います。
トイレつまりを解消するには、水道修理業者などを呼んで直してもらえば良いわけですが、そうなるとどうしても費用が発生するため、自力でつまりを何とかする方法がないかという相談をよく頂戴します。
トイレがつまった場合は、最初にその原因を明確にすることからはじめましょう。最も多い原因としては、トイレットペーパーを流し過ぎたことが挙げられます。この場合は自力でつまりを解消できる可能性が高いです。
ただし、つまりの原因がトイレに流してはいけないものを誤って流してしまったなら、すぐに専門業者を呼んで修理してもらった方が良いです。下手に手を出すと、余計な費用がかかってしまいかねません。
つまりの原因がトイレットペーパーの場合で、ラバーカップなどのつまり解消のための道具を持っているなら、それを使用してみましょう。
それでもだめなら、便器に溜まった水を取り除いて、バケツなどを用いて水を流してみましょう。それでもつまりが解消されないなら、今度は同じ手順でお湯を流してみましょう。お湯によりトイレットペーパーが溶けてつまりが解消されることもあります。

FAQ一覧

ひまわり水道サービス

PageTop