埼玉の浴室水漏れ

ひまわり水道サービス
ひまわり水道サービス

埼玉の浴室水漏れ

埼玉で浴室の水漏れやつまりに対応することができる会社です。浴室に問題が起きてしまうと大変なことになります。お風呂やシャワーを使うことができなくなり、生活に大きな支障が出てしまうでしょう。しかし、自分たちで修理しようと思ってもなかなかできないものです。浴室の問題は専門家に任せるのが一番よいです。そうすることで、適切な修理を受けることができます。そこで、私たちの出番となるのです。私たちは浴室の水漏れやつまりについて、難しい状況であってもしっかりと対応することができます。

浴室 水漏れ つまり 埼玉

どうすれば問題を解決できるのかわからず悩んでいる人のために、すぐにスタッフが現場にまで向かって対処します。シャワーの水漏れやハンドルの空回り、水やお湯が出ないといった状況にも対応することができます。あるいは、排水が流れない、お湯が熱くならない、悪臭がするといった問題にも対応可能です。それぞれのトラブルについて、どのような原因があるのか、どうすれば解決することができるのかをスタッフが調べて適切な工事を施します。年中無休で土日祝日であっても対応することができます。このように水道工事を専門的に行っているのがひまわり水道サービスです。

01浴室の水漏れやつまりを迅速解決してくれる埼玉の水道業者とは?

トイレの排水が流れにくい時や配管のつまり、浴室の蛇口の水漏れ、や排水口からの悪臭など、ご家庭内で起こりやすい水廻りのトラブル。
問題が起こったらどのように対処してよいか分からず慌ててしまうもの。自分で応急処置したことがかえって裏目に出てしまい、状態を悪化させることもあるため、水道修理のプロに対応してもらうのがベストです。
驚くほど短時間で問題解決し、何ごともなかったかのように元の生活が戻ります。
埼玉県にある水道蛇口工事、水道修理の専門業者は、地元の埼玉、そして東京や千葉へも対応している水道局指定工事店。
朝は6時から深夜0時まで受付、緊急時にも迅速対応してくれる心強い存在です。トイレのトラブルは特にトイレを我慢できないという緊急性の高い問題に発展するため、1分でも早い解決が必要なもの。そのため早朝から深夜まで対応している水道業者を知っていれば安心です。業者に依頼する際に懸念されることの一つが修理費用でしょう。こちらの業者は料金リストがあり、金額が明瞭である上、作業前に必ず見積もりを提示し、お客様の了承を頂いてから作業に入ります。作業後に追加料金等は発生しません。
修理が必要かどうか半信半疑の時や交換品についての相談など、気楽に問い合わせが出来る雰囲気も好感が持てます。

02浴室の水漏れ修理が初めての方への確認ポイント

水漏れしてても気づきにくい浴室は早期発見が難しく、対処が遅れがちです。水栓をしっかり締めているのにどこかから水が落ちるような音がする、水が溜まっている、ということがあれば水漏れを疑う必要があります。このような場合は、どこから水漏れしているのか正確に判断することで原因が分かり、適切な修理方法が見出せます。水道のトラブルに遭うのが初めての方は慌ててしまうかもしれませんが、落ち着いて順番にチェックしていくとご自身でも原因箇所が見つけられます。
水漏れ箇所の原因となるのは蛇口(水栓)、シャワーヘッドやホース、浴槽、換気扇、床下や壁内部などが考えられます。故障や異常個所の部品劣化が原因であるケースが多く、壊れた部品の交換や緩んだパーツの締め直しなどで対処できます。

浴室の水漏れ修理が初めての方への確認ポイント

そこで注意なのは同じ部品を購入することです。
内部部品は精密なため、微妙にサイズが違うだけでも正常に作動しないため、現物を販売店に持って行き購入しましょう。
部品が良く分からない、同じものが見つからない場合は水道修理業者に相談するのが無難です。
浴槽から水漏れしている場合は水の減り方で原因箇所が判断できます。浴槽のひび割れであれば一時的な補修程度しかご自身で対処する方法がないため、浴槽の交換を検討するのが良いかもしれません。床下や壁内部の水漏れはご自身での対処が難しいため、早急に専門家に相談し点検してもらうのが効果的です。

03浴室でつまりが起こった場合のお悩みに対処する3つの事

お風呂に入るのが当たり前の私達の生活で、快適なお風呂時間が過ごせなければとても不快になるため避けたいものです。浴室の水のトラブルと言えば、排水口のつまりや蛇口・シャワーヘッドからの水漏れなどが代表例です。日々の使用で部品が劣化しやすく、水漏れを起こしやすく、つまりが起こった場合は、汚水が逆流して足元に溜まるなど不衛生な状況を作ります。
つまりの一番の原因は髪の毛です。そして、排水口に流れた髪の毛に絡まり、つまりを悪化させるのが粘度の高いシャンプーやボディソープ、石鹸カス、メイク落としなどです。さらには、ヘアゴムやヘアピンを誤って流してしまい、つまるケースもあります。
つまりが起こった時、そのお悩みの対処として試すべき3つのことをお伝えいたします。

1.排水トラップの中をきれいに掃除する
排水カバーやゴミ受け、封水筒や排水ピースの各パーツを歯ブラシや細いブラシで洗います

2.排水トラップの奥をワイヤーハンガーやワイヤーブラシなどを使い汚れを取る
形を変えられて奥に差し込むことが出来るワイヤー系のもので中の汚れを擦り取るように動かしてつまりを解消します

3.ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使う
ラバーカップは多少コツが必要ですが、つまり解消に効果的です。真空式パイプクリーナーは吸引力が強いため、奥の方につまり箇所がある場合にも取り除ける可能性が高いため試す価値があります。

FAQ一覧

04浴室の水漏れの種類、その原因とは?

浴室の水漏れトラブルには様々なケースがあり、いくつかの種類に分類されます。
浴室の水漏れ箇所
・浴槽からの水漏れ
・床下、壁からの水漏れ
・蛇口からの水漏れ
・シャワーヘッドやホースからの水漏れ
・換気扇からの水漏れ
浴槽からの水漏れ、床下、壁からの水漏れはご自身で対処するのが難しいため、水道修理業者へ相談するのが賢明です。対処が遅れると水道料金が増したり、水漏れの二次被害を起こす可能性もありますので早急な対応が必要です。
蛇口からの水漏れは内部部品の交換により修理できる場合が多いです。ドライバーやモンキーレンチなどを使用し、蛇口を分解して内部パッキンに不具合があると確認出来れば新しいものに交換。開閉バルブの破損や劣化が原因であれば交換して修理を行います。
シャワーヘッドやホースからの水漏れは基本的に故障部品の交換で対処することが出来ます。規格のあった部品を用意しなければ直りませんので、分解したものをお店に持参して適正な物を購入しましょう。
換気扇から水が滴ってくる場合は、正確には水漏れではなく、換気扇内部にお風呂の蒸気がたまって落ちてきているという現象です。対処としては、しばらく使用を控えて乾燥させたり、取り外して掃除をするのも有効です。改善出来ない場合は換気扇と外をつなぐ配管の故障が考えられます。ご自身での修理は難しいため、専門業者へ相談しましょう。
ひまわり水道サービス

PageTop