水廻りリフォーム事例-02|埼玉の水廻りリフォームは、ひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス

川口市の水廻りリフォーム(トイレ)事例

トイレ交換と同時に壁紙と床の張替え、不要となったセントラルヒーティングを撤去します。
矢印
  • 1
  • 工事前
  • 工事前です。「TOTO製」このトイレは大、小にかかわらず一度の洗浄に13ℓの水を使用します。
  • 2
  • 工事中
  • 既設のトイレを取り外し、排水芯を調整して床板を張り替えました。
  • 3
  • セントラルヒーティング
  • こちらが、不要となったセントラルヒーティングです。
  • 4
  • 壁
  • 壁紙を張り替えました。
  • 5
  • 床
  • フローリング調のクッションフロアに張替えました。
  • 6
  • 工事後
  • 工事後です。「TOTO製」の節水型トイレで洗浄水量が大で4.8ℓ、 小で3.8ℓとなります。
お客様の声 ウォシュレットが故障したのをきっかけにトイレを交換することにしましたが、最近テレビを見ていてトイレを流す際にかなりの水の量を消費していることを知り気になっていたので、トイレの交換をお願いしたひまわり水道サービスさんにそのことを相談すると同じTOTO製の節水型のトイレを提案してもらえました。
何とこれまでよりも最大で3倍以上の節水ができることが分かり、5人家族の我が家では1日に何度もトイレを流すのでかなりの節約につながることが分かり、これだけでもトイレを新しく交換したメリットは大きかったと喜んでいます。
トイレの中には現在使用していないセントラルヒーティングが設置されていて、壁紙も床もかなり汚れが目立って剥がれかかっていた箇所もあったのでこの機会に張替えてもらうことにしました。
スペースも広くないこともあり、その分は思っていたよりも見積金額が低かったので、床は前から憧れていたフローリング調のクッションフロアーにしてもらって個人的にはここが一番気に入っています。
先日トイレを交換してからはじめて水道料金の請求書が届きましたが、前よりもかなり金額が下がって大満足です!
ひまわり水道サービス

PageTop