キッチンにディスポーザー導入を検討|埼玉の水道工事ならひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス

FAQ

埼玉の自宅キッチンにディスポーザー導入を検討しています。水漏れやつまりが増えるでしょうか?

最近、新築の高層マンションに引っ越した友人から、「キッチンの排水溝がディスポーザーである」という話を聞きました。なんでも生ゴミをそのまま流せるため、ゴミ捨てやキッチンまわりのお掃除がとってもラクになったとか。ぜひ我が家にも導入したいです。
ディスポーザーを設置することでつまりのリスクが増えたり、デメリットもあるでしょうか?

answer

ディスポーザー導入には自治体ごとに決まりがあります

ディスポーザーとは、キッチンの排水溝下部に設置する粉砕型の生ゴミ処理機です。
基本的に、水を流しながら生ゴミをシンクから投入し、蓋を締めスイッチを入れて粉砕させます。
ただ、これだけだと粉砕された生ゴミをそのまま下水道に流すことになります。ディスポーザーから出る粉砕された生ゴミは、まず液体と固形物に分ける必要があり、その上で固形物に関しては下水道に流す前段階で微生物による分解処理が必要となります。
自治体によっては、この処理施設を設けていない住宅やマンションにはディスポーザーの設置を認めていません。まずはこの点を確認しましょう。
ディスポーザーは、生ゴミを自動粉砕してくれるので便利なのですが、入れてはいけないものがあります。それはとうもろこしの皮や玉葱の皮などの繊維質のもの・貝の殻・牛や豚などの骨・天ぷら油などです。こうしたものを入れると故障の原因となるので気をつけましょう。
ひまわり水道サービス

PageTop