キッチンの水漏れやつまりは新築後何年程度?|埼玉の水道工事ならひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス

FAQ

キッチンの水漏れやつまりは新築後何年程度で起こるの?

埼玉に引っ越ししてきたのが今から7年ほど前で、中古住宅を購入したことから、我が家は合計で大体築14年程度になります。
家を購入したときに、外壁を塗り替えしたこともあって、まだ見た目的には新しさを維持できていると思うのですが、最近キッチンや洗面所で軽いつまりが起きていて、まだ困っているところまではいっていませんが、3日前くらいからキッチンの蛇口から軽く水漏れが起きてきて気になっています。
生活するのに困るような、キッチンなどの水回りの水漏れやつまりは大体新築後何年程度で起こるものなのでしょうか?

answer

本体以外にも定期的に部材の修理や交換が必要です。

キッチンなどの住宅設備には寿命があって、モノによって異なりますが、対応年数に合わせて修理や交換が必要となります。
もちろん、もっと築年数が経っているお宅で、長く同じキッチンを利用しているという方もたくさんいらっしゃいますが、その場合でも、キッチン本体は長く使用できるとしても、水栓や配管などの部材には消耗品も多く使われていて、水漏れやつまりが起きるとピーポイントで部品など交換や修理が必要になります。
たとえば、排水管の耐用年数は10年程度で、水栓の中にはパッキンという部品が使用されていて、劣化が進むと数年で水漏れが起きて、それを直すためにはパッキンの交換が必要となります。
キッチン本体も、安心して利用するには10〜20年を目安にリフォームすることをおすすめします。
ひまわり水道サービス

PageTop