水漏れ・つまり・水道工事のブログ | 埼玉の水道工事ならひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス
2015年12月28日 [水廻りリフォーム]

市川市 トイレ交換

本日はトイレ交換のご紹介です。トイレタンクからの水漏れの修理依頼を受け、部品交換の場合とトイレ交換の場合の見積を提示したところトイレ交換を希望されました。交換前交換前の画像です。トイレ交換をする場合は床排水(排水管が床下に有る)か、壁排水(排水管が壁を貫通している)かを事前に確認します。排水管こちらが排水管です。集合住宅で採用される配管で上階、下階のトイレと共通の排水管で縦管と呼ばれるものです。また、先程の説明と少し矛盾しますがこれは壁排水です。なぜなら、この排水管と便器を接続するには便器の後方か横方向から排水管を合流させる必要が有り、今回は後者の横方向からの配管となるからです。トイレ撤去既設のトイレを取り外しました。この様に排水管が便器の下に配管されていないものを壁排水として扱います。また、便器を取り外した跡の床(クッションフロア)の色が3色となっているのが確認出来るとおもいますが、これは床(クッションフロア)を2回張り替えているからです。内装工事店ではトイレを取り外す事が出来ない事が多い為、床(クッションフロア)を張り替える際に便器の廻りをくり抜いて施工するので便器の下は古いクッションフロアが残ってしまうわけです。お客様宅は内装リフォームを済ませたばかりでしたので床の張替えは行いませんでしたが、当社では便器を取り外したあとに古い床材を剥がしてから施工する事も出来ますのでおまかせ下さい。便器取り付け新しい便器を取り付けました。交換後新しいタンク、ウォシュレットを取り付け作業終了です。市川市のトイレ水漏れやつまり(詰まり)など年中無休で対応しておりますのでお気軽にご相談下さい。


ひまわり水道サービス

PageTop