水漏れ・つまり・水道工事のブログ | 埼玉の水道工事ならひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス
2015年09月30日 [トイレ水漏れ]

市川市 トイレ水漏れ

本日はトイレの床に水漏れするという修理依頼です。現地調査した所、すぐにウォシュレットが原因である事が解りました。ウォシュレット交換前ご覧の様にウォシュレットの貯湯タンクの下にバケツを置いています。お客様に状況をお伝えしてウォシュレットを交換する事になりました。ウォシュレット交換中既設のウォシュレットを取り外しました。ウォシュレット交換後交換後です。ウォシュレットを選ぶ場合には大別して貯湯式と瞬間式とが有ります。貯湯式とはウォシュレットに貯湯タンクを設け常時お湯を温めておく物です。メリットとしては商品の選択肢が多く価格も安価な物が有る事です。デメリットでは貯湯タンクに貯めたお湯を使いますので長時間使用するとお湯が切れ、常温の水になってしまう事です。瞬間式とは文字通りお湯が必要な時に瞬時にお湯を供給する事が出来る物です。メリットとしては常時、温かいお湯が使用出来る事と電気代の節約にもなる事などが有ります。デメリットとなるかは申し上げにくいですが各社共、上級機種に採用されている事が多いので高価となる商品である事です。次に、その他のトイレ水漏れ事例をご紹介します。
トイレ給水管修理前こちらの画像はトイレの給水管の水漏れです。ネジ山が破損しています。トイレ止水栓修理後修理後です。トイレタンク水漏れこちらはトイレタンクからの水漏れです。トイレタンク取り外しトイレタンクの下にあるボルト2本が密結ボルトという部材です。このボルトに付いているパッキンが劣化するとトイレ未使用時も常時水漏れします。また、タンク中央にある大きなパッキンが密結パッキンです。これが劣化すると洗浄時に水漏れします。トイレタンク修理後交換後の画像です。最後に便器の下からの水漏れです。便器の下床に水漏れしている場合、先程まで紹介した何れでもなければ便器を取り外します。フランジ便器を取り外しました。画像は便器と排水管を接続する為の床フランジです。この防水のシール材が変形して水漏れしていました。ガスケット交換後シール材を交換し、便器を元通りにして洗浄を繰り返し水漏れが解消した事を確認します。市川市でトイレの水漏れやつまり(詰まり)などでお困りでしたらお気軽にご相談下さい。


ひまわり水道サービス

PageTop