水漏れ・つまり・水道工事のブログ | 埼玉の水道工事ならひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス
2014年02月23日 [浴室水漏れ]

浴室水栓交換

本日はお風呂の蛇口の水が止まらないのですぐに来てほしい!という依頼でした。
既設浴室水栓
画像では水漏れしていませんが止水栓を閉めているからです。原因は水栓右側のハンドル内の切換弁という部品の経年劣化です。この器具はノーリツ製のユニットバスにOEM供給されているミズタニバルブ製の物です。夜間の修理依頼で補修部品を持っていなかった事と、ご使用期間も15年という事でしたので水栓本体のお取替えをお勧めしました。修理の依頼でお伺いしていますので本来は部品交換で済ませたい所ですが、これにはいくつか理由が有ります。
1.商品の製造中止後10年を経過するとメーカーに補修部品の保有義務が無くなる事。
2.水漏れとは直接関係有りませんが左側のハンドル内部品、温調サーモカートリッジという部品も故障していた事。
などからです。水栓器具の維持管理に付いては社団法人 日本バルブ工業会のホームページをご参照下さい。

交換中
画像は既設水栓を取り外しした所です。ビスで蓋を開閉できる点検口が有るので修理の際助かります。
2つ穴が有りますがこの穴の中心から中心まで100mm有ります。これを取り付けピッチ、又は芯々と呼びます。
一般に取り付けピッチは85mm、100mm、120mmと3種類に分類されますが稀にイレギュラーで65mmなんていう物も有ります。

交換後
交換完了です。作業が終わったのが深夜11:00 この後トイレのつまり修理へと向かいました。


ひまわり水道サービス

PageTop