水漏れ・つまり・水道工事のブログ | 川口市周辺の水道工事なら、ひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス

ひまわり水道ブログ

2021年05月30日 [水道工事]

足立区 給湯管の水漏れ

本日は、給湯管の水漏れ修理のご紹介です。現地調査の結果、キッチンの付近で漏水している様なのでシンクを取り外し、壁面のボードと床を開口してみます。修理中画像左側の白いパイプの上段が新しいパイプ「ポリブデン管」、下段のパイプが既設の「ビニール被覆銅管」です。この「ビニール被覆銅管」の漏水場所を特定するのは結構大変です。何故なら、実際に漏水している所がビニールのチューブの中に隠れていると目視で確認することが出来ないからです。もう一度、画像を見ていただくと継手の付近は銅管が剥き出しになっていることが解るとおもいます。これは、継手の接合にガストーチを使って半田付けしているためで、火を使うところのビニールを剥いてから接合しているわけです。そして、漏水している時はこのビニールチューブが付いていないところに水が染み出てきますので、ここで漏水している様に錯覚してしまうわけです。さらに調査を進めると、もう少しキッチンの下の方で漏水している事がわかりました。修理中こちらの立ち上がり部分からの漏水でした。修理中漏水が解消したことを確認して、調湿剤を散布しました。修理中壁と床を復旧して、キッチンを元通りに取り付けました。また、水漏れによる湿気でクロスにカビがでていましたので一部を張り替えました。修理後修理後です。
修理前こちらも、別のお客様宅の銅管の水漏れです。緑色のパテの様なもので応急処置をしたそうですが水漏れは解消しなかった様です。修理中パテを取り除いて漏水場所を目視で確認します。屋外で修理のための新しい継手を付けるのが困難だったので家の中から内壁を開口して修理を進めて行きます。修理中ガスコンロとコンロ台を一旦取り外しました。修理中壁面のパネルを撤去しました。上段が2階への給湯管、下段が1階の給湯管です。修理中新しい継手を付けて屋外の露出部分はポリブデン管に変換します。修理中配管が済んだらすぐに通水して漏水が解消したことを確認して保温材を施工します。修理後開口した壁面を復旧してコンロと台を元通りに取り付けて作業終了です。足立区で漏水の調査や見積依頼など水道工事の事ならお気軽にご相談ください。
ひまわり水道サービス

PageTop