水漏れ・つまり・水道工事のブログ | 川口市周辺の水道工事なら、ひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス

ひまわり水道ブログ

2021年05月23日 [浴室水漏れ]

板橋区 浴室水栓修理

本日は、浴室水栓の修理をご紹介します。蛇口の修理では汎用部品で対応できるものと、メーカーの純正部品ではないと直せないものとがあります。修理前修理前の画像です。「INAX 現LIXIL製」こちらの商品はメーカーの純正部品でないと直せません。まず、メーカーのホームページから部品展開図を検索します。
部品展開図
2006年に廃盤になっている様ですが、まだ部品の取り寄せが可能でした。今回の修理は「水が出ない」、「温度調節のハンドルが動かない」、「お湯が熱くならない」という事ですので見積もり金額を了承いただいて部品を注文しました。切替弁画像は「切替弁」です。水が出ない時やハンドルが空回りして水が止まらない時に交換します。温度制御部こちらは「温度制御部」です。キッチンや洗面所など他の場所ではお湯が出るのに浴室だけお湯が出ない場合はこの部品を交換します。ハンドルこちらは「温調ハンドル」、「ストップリング」です。ハンドルが動かないという事でしたのでこの部品も交換します。修理中新しい「切替弁」、「温度制御部」、「ストップリング」を取り付けました。修理後修理後です。無事に直りました。また、このブログを読んでいただいたお客様にお伝えしたいことがあります。一般的に水栓メーカーでは生産終了後10年程度で補修部品が打ち切られてしまうことがあります。これは法令上問題ありません。しかし、同業者の中には「調べもせずに部品がないから直せない。」、「蛇口交換しないとダメです」など虚偽の説明をしている者もいるようです。これは特定商取引法の「不実の告知」にあたり犯罪です。その様な業者に遭ったら勇気を持って断りましょう。TOTOやINAX(LIXIL)、KVKなど大手の水栓メーカーさんはホームページ上で部品展開図を公開しています。料金が知りたい方や、他人を家にあげるのは不安な方は「メーカー名」、「品番」をお知らせいただくか、「写真をメール送信」していただければ訪問することなく見積もり可能です。それから、蛇口の水漏れはパッキン交換で直ると決めつけている方が多いのですが今回の様に温度調節のハンドルが付いているもの(サーモスタット水栓)が市場のシェアを占めていますので使用する部品が全く異なる事をご理解ください。参考までにパッキン交換で直るものを紹介します。パッキンこの様に2ハンドル水栓ならパッキン交換で直ります。パッキンパッキン交換中パッキン交換部品パッキン修理後です。水栓本体、補修部品共「KVK製」ですが汎用部品でも対応可能です。次に、パッキン交換でもメーカーの純正部品でないと直せないものです。TOTO「TOTO製」TOTO交換部品TOTO修理中TOTO修理後です。一見すると普通の2ハンドル水栓に見えますが、介護施設の大浴場で使用するもので瞬時に大量の吐水が出来ます。TOTO浴槽です。他にも、様々な水栓、部品が有りますが、お問合せいただければ全てこちらでお調べします。板橋区の蛇口の修理、交換ならお気軽にご相談ください。
ひまわり水道サービス

PageTop