水漏れ・つまり・水道工事のブログ | 埼玉・東京の水道工事ならひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス

ひまわり水道ブログ

2021年04月04日 [キッチン水漏れ]

板橋区 蛇口交換

本日は蛇口交換のご紹介です。最初はキッチンの蛇口交換です。交換前交換前です。スパウト(吐水パイプ)が折れたので割り箸とビニールテープで応急処置をしてありました。交換中既設の蛇口を取り外しました。交換後交換後です。お客様が用意した蛇口の取付のみを賜りましたのでメーカーは不明です。次は、洗面所の蛇口です。交換前交換前です。「TOTO製」交換中既設の蛇口を取り外しました。交換中こちらもお客様が用意した蛇口です。メーカー不明、説明書も同梱されていません。交換中このホースと先程の蛇口を繋げるわけですが水と湯のマーキングが無いので間違えないように気を付けて取り付けます。交換後交換後です。この蛇口は排水栓のポップアップ引き棒を入れる穴が無いので洗面所の排水栓は常時解放状態で使うことになります。(ボウルに水を貯めて使うことが出来ません)また、排水トラップのU管が痛んでいましたので同時に交換します。交換前交換前です。交換中U管のみを取り外しました。交換後交換後です。つぎは浴室の蛇口です。交換前交換前です。「KVK製」交換中既設の蛇口を取り外し、新しい偏芯管を取り付けています。壁付水栓ではこの偏芯管を微調整することで水栓本体が水平になるようにします。交換後交換後です。「KVK FTB100KT」フックこの様に、シャワーフックにホースを通せるようになっていますのでホースが濡れた状態の床に付くことがありませんのでカビの防止になります。最後は同じ浴室の埋め込み水栓の修理です。修理前修理前です。「KVK KM86」この浴槽専用の蛇口は給湯器の自動湯張り機能、追い炊き機能が普及したことであまり使うことがなくなりました。お客様も普段使っていなかったのですが地震があった時に浴槽に水を貯めておこうとしたらハンドルが回らず、水が出なかったので修理を希望されました。修理中既設の止水ボンネットユニット(スピンドル)を取り外しました。部品こちらが交換部品です。修理中新しい止水ボンネットユニット(スピンドル)を取り付けました。修理後ハンドルを元通りに取付て作業終了です。この様に、普段あまり使うことのない蛇口や止水栓などは水垢が固着してハンドルが回らなくなってしまうことがよくあります。また、力任せに回そうとすると壁の中や床下などで配管を破損させてしまうこともありますのでご注意ください。板橋区で蛇口の修理や交換ならお気軽にご相談ください。
ひまわり水道サービス

PageTop