水漏れ・つまり・水道工事のブログ | 埼玉・東京の水道工事ならひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス
2020年12月20日 [洗面所水漏れ]

練馬区 洗濯水栓交換

本日は洗濯機用の蛇口交換です。ドラム式洗濯機の普及により、新しい洗濯機が蛇口に干渉して設置できないので蛇口の位置を高くして欲しいというものです。交換前交換前です。お客様に確認したところお湯は使わないということでしたのでお湯の配管はプラグで塞ぎます。交換中既設の蛇口を取り外しました。交換中交換後です。「カクダイ製」 これで蛇口の高さは15p高くなりました。また、壁から手前に4p出ておりますので参考にしてください。次は埋め込み型の洗濯機用蛇口の交換 「水栓コンセントと呼ぶ」をご紹介します。
交換前
交換前 TBC「タブチ製」 です。交換中
水栓本体を取り外しました。この水栓コンセントは見た目は同じでも壁の中に埋設されている給水管の種類によって商品の品番、施工方法が変わってきますので事前の調査が必要です。交換中水栓本体を交換しました。この後プレートを付けてからストッパー(洗濯機の給水ホースを差すところ)を取り付けます。交換後交換後です。最後は同じく埋め込み型の蛇口交換です。交換前交換前です。「三栄水栓製 水道用コンセント シンプレット」こちらの蛇口はレバーを左右にスライドさせることで吐水と止水を行いますが、お客様より直ぐにレバーが動かなくなってしまったので普通の蛇口に交換したいというご要望でした。しかし、この埋め込み型の蛇口は洗面所の壁を四角く開口して取り付けていますので普通の壁付タイプの蛇口を取り付けるには間柱に水栓エルボを付け、開口したボードを塞ぎ、壁紙を張り替えなければ綺麗に仕上がりません。ここで、お客様にリフォーム工事をしてでも蛇口を壁付に取り換えるか、既設と同じ蛇口を買い替えていただくかの選択をしていただくことになります。そして、お客様は既設と同じ蛇口で良いということになりました。交換中既設の蛇口を取り外しました。ご覧の様に縦100mm、横100mmの正方形に壁を開口してあります。先程の「TBC タブチ製」の水栓コンセントは長方形に開口してありますので、やはり他社製の埋め込み型水栓に交換する事も出来ません。交換後交換後です。練馬区で蛇口の修理や交換ならお気軽にご相談ください。


ひまわり水道サービス

PageTop