水漏れ・つまり・水道工事のブログ | 埼玉の水道工事ならひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス
2016年09月14日 [水道工事]

川口市 水道工事(後編)

本日は先週の続きで水道メーターの新設をご紹介します。今まで1階には水道が有りませんでしたが、水道メーターを新設してトイレとキッチンを使えるようにする計画のようです。タイル工事前工事前の画像です。エントランスのタイルを剥がし、コンクリートを斫っていきます。タイル剥がしタイルを剥がしました。コンクリート斫りコンクリートを斫りました。メーター上流水道メーター上流の給水管です。水道メーターを増やすためには新しい水道メーターの口径とこの引込管の口径を事前に調べて水道局に工事の申請をします。給水管分岐既設の給水管(40mm)から新しい給水管(20mm)を分岐しました。スタッフこの数字の大きなスケールをスタッフといいます。今回の様に工事写真を撮る際に数字が読み取りやすく水道局に写真台帳の提出を求められた場合は必ず使用します。sutennresuここで既設のポリエチレン2層管から波状ステンレス管に管種変更します。現在、多くの自治体で給水管の耐久性の向上や災害時の速やかな復旧の為に給水管をステンレスに布設替えする工事が進んでいます。また、一般的にステンレスは腐食しないと思われていますが土壌の成分による腐食やマクロセル腐食などが起こる可能性が有りますのでポリエチレンスリーブで防食します。代用管配管工事が済みました。この後、水道局の竣工検査を受けて水道メーターを取り付けます。水道メーター新しい水道メーターを取り付けました。タイル復旧最後にタイルを復旧して工事終了です。川口市の水道工事の事ならお気軽にご相談下さい。


ひまわり水道サービス

PageTop