水漏れ・つまり・水道工事のブログ | 埼玉の水道工事ならひまわり水道サービスにお任せください。

ひまわり水道サービス
2016年02月03日 [水道工事]

北区 漏水修繕工事

本日は漏水修理のご紹介です。住宅の解体工事現場で給水管に重機をぶつけて漏水したそうです。修理前修理前の画像です。2014.11.3付けのブログでもご紹介していますが、一般的に水道の水漏れが発生した場合まずはメーターバルブ(元栓)を閉めるという行動になるとおもいますが、水道メーターの上流側(元栓より本管側)で漏水した場合の修理では近隣の給水を断水したり、道路を掘削しないと直せない場合があります。そんな時に重宝するのがパイプ断水器という道具です。パイプ断水器は油圧の力でパイプを圧着してピンポイントで止水することが出来ますので近隣にご迷惑をかけること無く短時間で修理が可能となります。断水器ご覧の様に断水器で止水している間に速やかに修繕していきます。修理後修理後です。住宅の解体後も次の工事まで水が使えないと困りますので仮設水道として必要なわけです。次は、お客様が自分で蛇口を交換しようとしたところネジが空回りしてうまく出来ないという依頼です。原因現地調査して直ぐに原因がわかりました。お客様宅のキッチンの給水管は床下で配管支持がとられておらずネジを回す際に土中のパイプに力が加わり継手から抜けてしまったようです。修理中修理中です。床下の露出部分ですので保温材を施します。保温修理後です。北区の水道修理・工事ならお気軽にご相談下さい。


ひまわり水道サービス

PageTop