給湯器・ポンプ交換 - 水漏れ・つまり・水道工事のブログ

ひまわり水道サービス
2017年01月11日 [給湯器・ポンプ交換]
本日は追い炊き配管の交換です。お客様はお風呂の追い炊きが出来なくなったので給湯器のメーカーさんに修理を依頼したところ給湯器の循環ポンプには異常が無く、追い炊き配管内部の汚れの可能性を指摘されたそうです。メーカーさんでは配管洗浄や配管工事は出来ないということで弊社にお問合せが有りました。現地調査すると配管の口径が10Aの銅管が使われていました。この配管のメリットは狭い場所でも取り回しが楽な事ですが、最近ではハイブリッドホースという施工も容易で取り回しも楽な資材が普及していますのでこれをお勧めしました。このハイブリッドホースは保温材の施工も不要で紫外線の対候性もあるので非常に短時間で工事出来ます。また、口径も15Aと1.5倍ありますので安心です。交換前交換前の循環金具です。取り外し循環金具を取り外しました。交換後新しい循環金具です。追い炊き配管画像左側の肌色をしたものが新しい追い炊き配管(ハイブリッドホース)です。化粧カバー外壁の開口部に化粧カバーを取り付け、シリコンコーキングで防水処理を施し作業終了です。次は、追い炊き配管から水漏れしているので直して欲しいという依頼です。工事前工事前の画像です。こちらはマンションの浴室です。循環金具交換前交換前の循環金具です。浴槽裏浴槽の裏側の画像です。既設配管取り外した追い炊き配管です。循環金具との付け根から取れかかっていました。循環金具交換中循環金具の交換中です。一人施工フック商品に同梱されている一人施工フックです。これが有れば誰かに後ろから押さえてもらうことなく容易に取り付け出来ます。循環金具交換後取り付けが済みお湯張りしているところです。配管後配管後の浴槽裏です。配管(エプロン内)エプロン内でPSからの配管と接続してあります。
浴槽最後に循環金具の上までお湯を貯め水漏れがが無いことを確認して作業終了です。業務多忙の為2か月ぶりのブログ更新となりましたが気合を入れ直して頑張りますのでよろしくお願いいたします。


2016年11月09日 [給湯器・ポンプ交換]
本日は、給湯器交換のご紹介です。お客様より給湯器のリモコンを切ってもお湯が出てくるということで現地調査の結果、電磁弁の不具合である事が解りました。電磁弁とはお湯(又は水)を出したり止めたりする際に開閉する蓋の様な役割をするものです。給湯器のメーカー(ノーリツ製)では機器の耐用年数を10年と定めておりますのでお客様も部品交換では無く、給湯器本体の交換を希望されました。交換前交換前の画像です。従来型の給湯器から高効率給湯器(エコジョーズ)へと交換します。これにより、ガス代が7〜10%程度節約出来ます。交換後交換後です。浴室リモコン交換中浴室リモコン交換中です。浴室リモコン交換後浴室リモコン交換後です。台所リモコン交換中台所リモコン交換中です。台所リモコン交換後台所リモコン交換後です。次は、電気温水器の交換です。お客様は故障する前に早めに交換して安心して使用したい様でした。
交換前交換前です。「東芝製」交換中交換中です。「三菱製」転倒防止転倒防止の為にアングル架台で支持を取ります。(集合住宅に電気温水器を設置する場合は平成25年の法改正により転倒防止の措置が義務付けられています。)交換後交換後です。さいたま市で給湯器や電気温水器の事ならお気軽にご相談下さい。

2015年12月24日 [給湯器・ポンプ交換]
本日はポンプ交換のご紹介です。現場は4階建てのビルで2階から上の階の水が出なくなり交換することになりました。既設ポンプ既設のポンプです。(日立製作所製)ポンプ撤去既設のポンプを撤去しました。交換するポンプ新しいポンプです。(荏原製作所製)配管調整中吸い込み側と吐き出し側の位置が現地の配管と合う様に調整します。給水管切り廻し既設の給水管と配管していきます。保温工事試運転後、水漏れが無い事を確認して保温材を施します。工事後カバーを取り付け、作業終了です。世田谷区の水道工事ならお気軽にご相談下さい。

このページの先頭に戻る