川口市 漏水修繕工事D - 水漏れ・つまり・水道工事のブログ

ひまわり水道サービス
2015年12月15日 [リフォーム・水道工事]

川口市 漏水修繕工事D

本日は漏水修繕工事のご紹介です。まずは、お客様より庭が濡れているので見て欲しいという依頼です。修理前土を掘削してすぐに漏水箇所が確認出来ました。漏水箇所画像の継手部分からの漏水です。さらに作業を進めます。既設給水管漏水している給水管を取り外したところ短かすぎて継手から抜けかけていた様です。お客様に状況を伝えると以前にも同じ所で漏水したそうです..... 
修理中当社では同じことを繰り返さぬ様、慎重に採寸して修繕していきます。修理後修理後です。この後、修繕内容を水道局に報告します。緊急修繕報告書緊急修繕報告書です。これを提出する事で払い過ぎた水道料金を返金してもらえます。次は、散水栓のボックスに水が溜まるので見て欲しいという依頼です。修理前修理前です。この蛇口の交換程度でしたら簡単ですが漏水しているのは蛇口の下の配管からですのでコンクリートを斫り、作業を進めます。修理前Aまた、現状の散水栓が設置された場所は車が乗る可能性が有りますので安全な場所へと移設します。斫り後コンクリートを斫り、ボックスを取り外しました。散水栓取り外し散水栓を取り外しました。散水栓移設散水栓を移設しました。これで車が乗りあげる心配も有りません!コンクリート復旧コンクリートを復旧しました。漏水の原因漏水の原因となった部材です。亜鉛メッキ鋼管は耐食性が無いので土の中に埋めて使用するとこの様に腐食してしまいます。作業が終わり、緊急修繕報告書を作成します。緊急修繕報告書Aこれを水道局に提出します。実は、この修理の数日前に無資格工事店に修理を依頼してしまったお客様より相談を受けたのですが、減免申請(払い過ぎた水道料金の返金)は指定工事店でなければ出来ません。もし、業者選びで迷ったら水道局のホームページで指定工事店のリストを公開していますので参考にしてみて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る