杉並区 給水装置新設・改造工事(前編) - 水漏れ・つまり・水道工事のブログ

ひまわり水道サービス
2014年10月05日 [リフォーム・水道工事]

杉並区 給水装置新設・改造工事(前編)

本日は戸建住宅の1階を賃貸住宅にしたいので水道メーターを2つに分けて欲しいという依頼です。既設水道メーター
既設の水道メーターです。現地調査した所、1階と2階の配管を分けるには床や壁、天井などを複数開口しなければならない事が解りました。実は、今回の現場は無届で水道工事が行われていた為、水道局に保管されている図面と全く違う配管になっていたからです。お客様に状況をお伝えして、なるべく費用が抑えられる様に床や天井は開口せず、配管を屋内に露出する方法としました。1階トイレ工事前
1階トイレ工事前です。1階トイレ工事後
1階トイレ工事後です。1階キッチン工事前
1階キッチン工事前です。1階キッチン工事後
1階キッチン工事後です。蛇口の違いにお気付きでしょうか? 現状、湯沸器がついていませんが、いつでも使えるように分岐水栓を付けておきました。(これはサービスです)1階洗面所工事前
1階洗面所工事前です。1階洗面所工事後
1階洗面所工事後です。配管が見えているのが解るとおもいます。この様な工事の場合、ご予算に応じて配管に化粧カバーを施す事も出来ますのでご相談下さい。1階の水廻りは以上ですが、このトイレ、キッチン、洗面所の3か所を新しく水道メーターを設けて使用する工事を「給水装置新設工事」といいます。そして2階はオーナー様の住居で既に水道メーターが有りますのでこちらは「給水装置改造工事」といいます。続きは次回のブログでご紹介しますのでよろしくお願い致します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る