受水槽の水漏れ - 水漏れ・つまり・水道工事のブログ

ひまわり水道サービス
2014年07月27日 [給湯器・ポンプ交換]

受水槽の水漏れ

本日は受水槽の水漏れ修理依頼です。受水槽の水が空になってしまったり、逆に溢れてしまったりすると警報盤が作動する仕組みになっています。今回は住民の方より管理会社へ通報があった様です。既設
既設の受水槽廻りの様子です。受水槽の水漏れでは定水位弁という物を交換します。保温材撤去状況保温材を撤去し、定水位弁と既設配管状況が確認できました。主弁から受水槽に至るまで曲がりが3回有り、あまり良い配管とは言えません。(負圧が発生しやすい)主弁交換後
配管支持を取り、主弁、給水管を配管します。副弁交換後
受水槽内の副弁(ボールタップ)を交換しました。定水位弁の作動確認をして配管を仕上げていきます。作業完了
保温材を施工して作業終了です。6/15付ブログでもご紹介していますが、集合住宅で水が出ないとか受水槽から水が溢れているといった場合は、本日の交換部品「定水位弁」による事が多いです。一般的にこの様な修理はオーナーや管理組合で費用負担してくれますので、日頃から緊急時の連絡先を把握しておくと良いと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る