杉並区のトイレつまり(便器脱着)事例です - 水漏れ・つまり・水道工事のブログ

ひまわり水道サービス
2018年07月11日

杉並区のトイレつまり(便器脱着)事例です

トイレにプラスチック容器や生理用品などを流してしまった場合は便器を取り外さないと直せません。修理前
修理前です。修理中
便器を取り外しました。プラスチック
出てきたのはプラスチックの蓋でした。修理後
便器、タンク、便座の順に取り付け作業終了です。修理前
こちらは検尿の容器を流してしまったそうです。
修理中
便器を取り外し、逆さまにするとすぐに検尿の容器が出てきました。作業後便器、タンクを取り付け作業終了です。
他にも、おにぎりや魚、から揚げなどの食べ物もよくあります。修理前
修理前です。修理中
タンクと便器を取り外しています。ねぎ
何故か?ネギが出てきました。作業後
便器を元通りに取り付け作業終了です。
また、ご使用年数が20年を経過しているようなトイレでは「便器脱着」の際、床面の防水シール材が再利用出来ない場合がありますのでシール材を取り換えることもあります。修理前
修理前です。ローポンプを使用してみましたが全くつまりが解消しないので便器を取り外すことにします。修理中
便器を取り外しました。黒いゴムパッキンが劣化して変形しています。ペットボトル
つまりの原因はこのペットボトルを加工した物でした。パッキン
先程の変形したパッキンを取り除いた状態です。フランジ
床フランジを交換しました。修理後
便器を元通りに取り付け作業終了です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る