葛飾区のトイレ水漏れ(床に水漏れ)事例です - 水漏れ・つまり・水道工事のブログ

ひまわり水道サービス
2017年03月29日

葛飾区のトイレ水漏れ(床に水漏れ)事例です

お客様より「トイレの床が濡れている」という修理依頼です。床床に水漏れしている事が確認出来ました。フランジ便器を取り外した状態です。便器と排水管を接続するためのフランジ金具のシール材が剥がれかけていたことが原因です。すぐにシール材を付け直し、便器を元通りに取り付けます。修理後便器を取り付けたら洗浄を繰り返し、水漏れが解消した事を確認します。修理後無事に水漏れが解消しました。お客様が早めに気付いたので床板の傷みもなく安心してご使用いただけます。

次は、トイレタンクが原因で床に水漏れした例です。修理前修理前です。ビニール袋を置いた所に水漏れするそうです。整流スポンジこちらが水漏れの原因です。整流スポンジというもので手洗い管から流れた水をタンク内に戻す際の防水が目的でしたがタンクの蓋の裏側に両面テープで付けているだけなので長期間の使用により粘着力が薄れスポンジが剥がれかけて水漏れしていたわけです。整流ジャバラこちらが新しい補修部品で整流ジャバラといいます。メーカーさん「TOTO製」も同じような水漏れ修理依頼が多くあったとおもわれ部品が改良されています。新しい部品はタンクの内蓋に付け、両面テープも濡れない所で貼り付ける工夫がされています。修理後タンクの蓋を元通りに取り付け水漏れが解消した事を確認して作業終了です。

こちらも同じ様な水漏れです。
修理前お客様は便器の廻りが汚れているので便器から水漏れしているとおもっていたそうです。整流スポンジほぼスポンジが剥がれていました。便器お客様より便器の廻りを掃除したいので便器を取り外すことを頼まれました。sagyougo掃除が済んだら便器を取り付け、水漏れが解消した事を確認して作業終了です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る