台東区 浴室水栓交換 - 水漏れ・つまり・水道工事のブログ

ひまわり水道サービス
2016年01月11日 [浴室水漏れ・つまり]

台東区 浴室水栓交換

本日は浴室水栓の修理、交換のご紹介です。お客様宅ではエコキュートを使用しており、メーカーさんから水栓の異常を指摘されたそうです。エコキュートや電気温水器は貯湯式給湯器といってタンクの中にお湯を貯めて使用します。例えば、貯湯タンクの容量が300ℓの場合に水300ℓとお湯300ℓでは体積が変わってきます。貯湯タンクの体積が増えるとタンクが破裂する恐れが有りますので、その様な事故を防ぐ為に安全弁(逃し弁)という物が設けて有ります。これにより不要な水を排水して貯湯タンクの膨張、破裂を防ぎます。さて、なぜ水栓交換が必要かといいますと水栓には逆止弁という物が内臓されており水道メーターとエコキュートから水栓まで届いた水、湯が文字通り逆流しない構造となっているのですが逆止弁が故障すると先程の安全弁(逃し弁)が働き常時むだ水(水漏れ)状態になってしまうからです。長くなりましたが、要はエコキュートのメーカーさんが点検した安全弁(逃し弁)には異常が無いので水栓の故障を疑ったという事です。水栓交換前既設水栓です。水栓交換中既設水栓を取り外しました。水栓交換後交換後です。次に、浴槽側の水栓の修理も依頼されましたので作業を進めます。浴槽側修理前修理前です。洗い場側修理中交換する部品を取り外しました。水栓上部止水上部(スピンドル)を交換しました。洗い場側修理後ハンドルを元通りに取り付け作業終了です。蛇口の水漏れや水が出ないなど水道工事の事ならお気軽にご相談下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る